Log in

metaio SDK で AR してみた - metaio SDK シグネチャーの取得

目次へ戻る

metaio SDK 付属のサンプルの場合には「metaio SDK で AR してみた - サンプルをビルドしてみる」 のように何もしなくても大丈夫でしたが、自分で作ったアプリの場合はアプリを登録してシグネチャーを取得する必要があります。アプリケーションの ID とシグネチャーが合わないと、metaio SDK の機能を呼び出したときに “No Valid License Provided” というメッセージが表示されて実行することができません。

アプリの登録にはアプリの ID が必要になりますが、それは The application identifier に書かれているように Android は AndroidManifest.xml の package、iOS の場合は identifier になります。 
metaio Developer Potal にログインしたところにある  My Apps にて、アプリケーション名(これはそれらしい名前にしておけばいいようです)とアプリケーション ID、使用する metaio SDK のバージョンを登録するとシグネチャーが取得できます。

metaio_myapps

シグネチャーは、Android の場合は metaioSDK の中のソース ARViewActivity.java で

metaioSDK = MetaioSDK.CreateMetaioSDKAndroid(this, getResources().getString(R.string.metaioSDKSignature));

とリソースから読み込んでいます。なので、metaioSDKSignature という名前の文字列リソースを作り、その値を取得したシグネチャーにすれば OK です。サンプルの場合だと SDK_Example の res/value/strings に metaioSDKSignature がありますのでこれの値を取得したシグネチャーにしてやれば OK です。(リソースは metaioSDK の方でなく、SDK_Example の方で指定できます)

目次へ戻る