Log in

metaio SDK で AR してみた - Android 開発環境の構築

目次へ戻る

metaio SDK うんぬん以前にまずは Android 用の開発環境を作ります。
検索すると詳しく解説しているサイトもありますので、ここでは概要のみ紹介します。(主に自分の覚え書きです)

JDK

公式から JDK をダウンロードし、インストールします。
http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html
x86 か x64 かは使っている OS に合わせればいいようです。
私は jdk-7u25-windows-x64.exe を入れました。

Eclipse

解凍すればすぐ使えるようになっているという Pleiades All in One を使わせてもらってます。
http://mergedoc.sourceforge.jp/
私は Eclipse 4.2 Juno の Java 用の 64bit・Full Edition を使ってます。最初は Standard Edition を入れてたんですが、http://mergedoc.sourceforge.jp/index.html#/pleiades_distros4.2.html の中程に「Full Edition がお勧め」とあったのでパージョンアップするときに Full にしました。なお、Eclipse 4.3 Kepler はまだ使ってません。
私はダウンロードして解凍した pleiades をそのまま C:\ に置いています。以前に C:\Program Files の下に置いたらディレクトリーが長すぎるというエラーが出たことがあったのでとりあえずこうしています。どこかで、Eclipse はプラグインなどの管理を exe のフォルダーの下で行うので eclipse 全体をユーザーごと(%USERNAME%)の下に入れたほうがいいというようなことを読んだような気はするのですが、今のところ複数ユーザーで使い分ける必要はないので C:\ に置いちゃってます。

Android SDK

Android SDK をダウンロードしてセットアップします。
http://developer.android.com/sdk/index.html
なんかいろいろと変わっているんですね。ADT Boundle for Windows というのは Eclipse とかも付いたパッケージのようです。また、Android Studio なんていうのもダウンロードできるようになってますね。(まだバージョン 0.2 ですが)
今回はすでに入っている Eclipse を使うので、ページ下部にある「USE AN EXISTING IDE」のところにある「Download the SDK Tools for Windows」で Android SDK Tools をダウンロードしてセットアップしました。ちなみにバージョンは installer_r22.0.5-windows.exe でした。

デフォルトのままだと Android SDK は %LOCALAPPDATA%\Android\android-sdk に入ります。

Android SDK Tools をインストールすると、最後に SDK Manager を起動するか聞いてきます。ここでは SDK Manager は起動せず、次の ADT Plugin のインストールに進みます。(結局は ADT Plugin を入れてから SDK Manager を起動することになるんですが)
この辺りの手順は Setting Up an Existing IDEInstalling the Eclipse Plugin に書いてあるようです。

ADT Plugin を Eclipse に入れる

上に書いた Installing the Eclipse Plugin の手順のとおりです。
Eclipse を起動し、「ヘルプ」-「新規ソフトウェアのインストール」をクリックし、右上の「追加」ボタンをクリック、名前に ADT Plugin、ロケーションに https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/ と入力して OK。
「開発ツール」をチェックして「次へ」。ライセンスに同意して「完了」すると ADT Plugin がインストールされます。

Eclipse が再起動すると、新しいビルドツールが必要なので SDK Manager を起動して “Android SDK Build-tools” をインストールするように言われました。言われた通り SDK Manager を起動。しかし、“Android SDK Build-tools” というようなものは見当たりません。が、Android SDK Tools などいくつかのものが古い(Update Available になっている)と表示されていたのでまずはこれらをアップデート。

SDK_Manager

アップデート後、Eclipse を再起動したところ、あれ?「ウインドウ」メニューに “Android SDK マネージャー”、”Android 仮想デバイス・マネージャー” といった項目があるはずだと思ったんですが見当たりません。よくわかりませんが、「ウインドウ」メニューの「パースペクティブのカスタマイズ」で「コマンド・グループ可用性」のところにある “Android SDK および AVD マネージャー” にチェックを入れてやったら出て来ました。
再び SDK Manager を起動するとまだいくつか Update available になっているのと同時に “Android SDK Build-tools” も増えてました。これらをインストールしてどうやら Eclipse は OK になった模様。

Android 実機用のドライバーを入れる

これは機種によっていろいろなんでしょうか?
私は IS04 を持ってます。結構古い機種で Android 2.2 です。AU のスマホですがすでに SIM は挿してなく、WiFi のみで Android アプリのテスト用に使っています。
この機種のドライバーは
http://spf.fmworld.net/fujitsu/c/develop/sp/android/
こちらにあります。
以前 Windows 7 に入れたときは何も問題ありませんでした。

IS04 用 ADB 用 USB ドライバーを Windows 7 に入れる

ほぼダウンロードサイトにある説明書のとおりです。ただ、IS04 を接続しても自動的にインストール画面が表示されないことがありました。そのときはデバイスマネージャーの「ほかのデバイス」-「Toshiba HSUSB Device」のプロパティを開いて「ドライバーの更新」をクリックでダウンロードしたドライバーに更新してやれば使えるようになりました。

IS04 用 ADB 用 USB ドライバーを Windows 8 に入れる

Windows 8 では「指定されたカタログファイルにファイルのハッシュがありません」とか言われてインストールできませんでした。Windows 8 では inf にも署名が必要などドライバーインストール時のセキュリティが強化されたためらしいです。署名のついた Windows 8 用のドライバーがリリースされればいいんですが、古い機種ではたぶん無理でしょう。正しい手順なのかどうかわかりませんが、以下の手順で動くようになりました。

「チャーム」→「設定」→「PC の設定変更」→「全般」→「PC の起動をカスタマイズする」→「今すぐ再起動する」→「トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「Windows のスタートアップ設定」で再起動して「7) ドライバー署名の強制を無効にする」を選択。これで IS04 を繋いで、デバイスマネージャーで ? になっているドライバーを更新してダウンロードしたドライバーにしてやる。

これで一度入れてやったら次からは普通に再起動しても大丈夫なようです。

目次へ戻る