Log in

SNS サイトを作ってみた - Elgg のインストール

目次へ戻る

Elgg をインストールします。
以下は Windows 上の XAMPP 環境に入れてみたときの記録ですが、CentOS 上でも基本的に同じです。

なお、インストール手順については Elggのインストール に解説されています。

Elgg 用データベースの作成

まず、MySQL に Elgg 用データベースを作成しておきます。ここでは例として

  • データベース名: ElggDB
  • ユーザーID: ElggUser
  • パスワード: ElggPassword

とします。
コマンドプロンプトで C:\xampp\mysql\bin\mysql.exe を使うと以下のような感じです。

mysql -u root -p
(管理者パスワードを入力)
mysql> CREATE DATABASE ElggDB;
mysql> CREATE USER 'ElggUser'@'localhost' IDENTIFIED BY 'ElggPassword';
mysql> GRANT ALL ON ElggDB.* to 'ElggUser'@'localhost';
mysql> FLUSH PRIVILEGES;

Apache の設定

ここでは、Elgg を c:\elgg\www に入れることにします。
そして、http://localhost/elgg/ でこの Elgg にアクセスできるように Apache の仮想ディレクトリーを設定してやります。
C:\xampp\apache\conf\httpd.conf に以下を追加します。(追加する場所は最下行とかで大丈夫だと思います)

■ Apache 2.2 系のとき

Alias /elgg C:\elgg\www
<Directory "C:\elgg\www">
	Options ExecCGI Includes FollowSymLinks
	AllowOverride All
	Order allow,deny
	Allow from all
</Directory>

■ Apache 2.4 系のとき

Alias /elgg C:\elgg\www
<Directory "C:\elgg\www">
	Options ExecCGI Includes FollowSymLinks
	AllowOverride All
	Require all granted
</Directory>

ネットで検索すると 2.2 系での設定例がたくさん出てきます。入ってる Apache は 2.4 なのに 2.2 の設定にしていて動かなくて悩みました。こういうのって知っていればなんという事はないんでしょうが、ハマると結構たいへんなんですよね。

※ httpd.conf を書き換えた後は Apache を再起動する必要があります。

Elgg のインストール

Elgg の ダウンロードページ から Elgg 本体をダウンロードして c:\elgg\www に解凍してやります。(c:\elgg\www のすぐ下に index.php とか insall.php とかがある状態に解凍する必要があります)

次に c:\elgg\data ディレクトリーを作成します。
これは Elgg のキャッシュが格納されたり、アップロードしたファイルや写真が格納されたりするディレクトリーです。Windows の場合は特に何もしなくてもいいようですが、Unix の場合は Apache が書き込めるパーミッションにしておく必要があります。

次にブラウザーで http://localhost/elgg/ にアクセスします。Apache の設定などがうまくいっていれば以下のようなページが表示されるはずです。

elgg_install1

「Next」で進むと以下のように PHP が緑色、Web server が赤色になっているかもしれません。

elgg_install2

英文で書かれているままですが、上記のように Apache の仮想ディレクトリーを使っている場合は .htaccess を編集してやる必要があります。
c:\elgg\www に .htaccess ファイルができているはずなのでメモ帳などのテキストエディターで開きます。

#RewriteBase /

と書かれているところを探し、これを

RewriteBase /elgg

とします。
これで、Refresh ボタンを押して、再び Next で進むと今度は Web server の方も緑色になっているはずです。これで、Next でステップ 3 に進めます。

elgg_install3

ステップ 3 では Elgg 用データベースのデータベース名などを設定してやります。

elgg_install4

ステップ 4 ではサイトの名称などを設定します。これ以降の設定はあとで変更することもできます。

  • Site Name: サイトの名称です。
  • Site Email Address: サイトのメールアドレスですが、どこで使われているのかよくわかりません。
  • Site URL: サイトの URL です。localhost のままにしていると外部からのアクセスがうまくできなくなってしまいます。IP アドレスで http://192.168.1.1/elgg/ のようにしてやるとか、外部からアクセス可能な URL にしておく必要があります。
  • Elgg Install Directory: Elgg をインストールしたディレクトリーです。普通はそのままで OK です。
  • Data Directory: データ用のディレクトリーです。上記の通りなら c:\elgg\data と入力します。
  • Default Site Access: ユーザーが新規で作成したコンテンツ(ブログの記事とか)のデフォルトの公開範囲を指定します。

ステップ 5 は最初のユーザーである管理者の設定です。

  • Display Name: 表示名です。あとで変更することもできます。日本語で「管理者」などとしても大丈夫です。
  • Email Address: 管理者のメールアドレスです。
  • Username: 管理者のユーザー ID です。ログインするときはこの Username かメールアドレスを使うことになります。ユーザーを識別する ID なので、基本的にあとで変更できないと思っておいた方がいいです。また、URL に現れたりするので英数字のみにしておいた方がいいと思います。(たとえば user1 さんのブログの URL は http://localhost/elgg/blog/owner/user1/ になります)

これで Elgg が動き始めました。
管理者でログインすれば管理ページでさまざまな設定を変更したりプラグインを追加したりできます。

目次へ戻る